ニキビケアのために洗顔を一日に何度もするのはあり?なし?

MENU

ニキビケアのための洗顔は一日何回までが限度なの?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ニキビケアのために何度も洗顔を繰り返している、という方は意外と少なくありません。実は管理人も思春期ニキビを早く治そうと躍起になって、一日に5回ほど洗顔していたように思います。

 

でも、今考えてみると1日5回も洗顔をするというのはかなり危なっかしいことだったと感じます。もちろん、皮脂をそのまま放っておくと、酸化して肌の老化を促進してしまいます。そのため、全く洗顔しないというのもNG。では、一番いい洗顔回数はというと、一日朝晩の2回だけで十分なのです。詳しくは「正しい洗顔の手順」という記事でまとめていますのでそちらをご覧ください。

 

ニキビ予防で肝心なのは、「清潔に保つこと」「角質を厚くしないこと」「アクネ菌を繁殖させすぎないこと」の3点。この3点のうち、「清潔に保つこと」「アクネ菌を繁殖させすぎないこと」は、毎日2回の洗顔で十分ケアできること。ですから一日に3回も4回も洗う必要はないのです。洗顔をし過ぎると、肌が乾燥して角質が厚くなってしまい、その結果毛穴が詰まってニキビになりやすくなるのです。もうひとつの「角質を厚くしないこと」は、ピーリングを上手に活用することで解決できます。

 

大人ニキビ次の記事「ニキビケアに効果的なピーリング

 

大人ニキビ前の記事「ニキビが出来るメカニズム

このエントリーをはてなブックマークに追加