ニキビが出来るメカニズム

MENU

ニキビが出来る仕組みとは

このエントリーをはてなブックマークに追加  

さて、思春期ニキビと大人ニキビの原因についてお伝えしましが、実はニキビが出来る根本的な理由はどちらも同じ。毛穴に皮脂が詰まって、そこが炎症を起こしているためにニキビになってしまうのです。通常、皮脂は毛穴の奥にある皮脂腺から分泌され、毛穴の出口から肌表面に出てきます。しかし、ストレスやホルモンバランス、生活習慣の乱れといった理由で毛穴の出口付近の角質が厚くなってしまった場合はどうでしょうか。

 

出口付近の角質が厚くなった状態で皮脂分泌量が増えると、毛穴から上手く皮脂が出てこれなくなります。毛穴からでられない皮脂は毛穴内部にたまり、塊となってしまいます。ここで溜まった皮脂を栄養源としてアクネ菌が大量に繁殖し、炎症を起こしてしまうのです。この状態になると、はっきりと目でわかるようになります。いわゆる赤ニキビの状態です。さらに炎症が進むと毛穴と毛穴にまたがったような状態となります。ニキビの膿が外に排出されるか、内部で吸収された後、陥没跡だけが残ります。ニキビ跡と呼ばれるもので、わかりやすく言えば肌表面が月面のようにデコボコになってしまう状態。

 

この状態にならないよう、赤ニキビの時に対処すること、そしてニキビを作らないように事前に予防すること(ケア)がとても大切なのです。

 

大人ニキビ次の記事「ニキビケアのために洗顔を一日に何度もするのはあり?なし?

 

大人ニキビ前の記事「ニキビってそもそもどういうものなの?

このエントリーをはてなブックマークに追加