月経周期を把握することがニキビケアには必須!

MENU

月経周期を把握するとどうしてニキビを予防できるの?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

女性はニキビケアをする際に月経周期を把握しておくことがとても大切です。なぜかと言うと、ニキビは生理前にできやすいため。「生理前にニキビが毎回できる」という人もいるかもしれません。どうして生理前にニキビができてしまうのかというと、女性ホルモンが関係しています。

 

女性ホルモンを意識すればニキビは怖くない

 

大人ニキビ

 

女性ホルモンには黄体ホルモン卵胞ホルモンの2種類があります。表でまとめてみましたので参考にしてください。

プロゲステロン エストロゲン
特徴 妊娠を維持する作用をもつ 女性らしい体を作る働きがある
肌への作用 皮脂分泌を促し、メラニン生産も活発に 肌のうるおいを促進させる、肌を白くするなど
その他の作用 胃腸機能の低下 脳の血流を良くし、気持ちにメリハリをつける。また、骨量を維持し抗酸化力により病気から体を保護する

 

プロゲステロンは生理前の黄体期(月経2週間前)に、分泌が増えます。この時期はPMSと重なり、イライラやストレスが溜まることもありニキビができやすくなります。

 

エストロゲンは生理後の卵胞期(月経が始まって1〜2週間)に分泌が増えます。排卵期になると卵胞ホルモンの分泌が最も増える時期になり、肌だけでなく体調もよくなります。

 

このように、女性の場合は月経の周期によってニキビが出来やすくなる時期、そして肌の調子が良い時期を判断できるのです。

 

黄体期はニキビやシミから肌を守るスキンケアをこころがける

 

では、黄体期、卵胞期それぞれの時期でどのようにスキンケアをすればよいのでしょうか。黄体期は皮脂分泌が増え、ニキビだけではなくシミもできやすくなります。肌も敏感になりがちなので、新しい化粧品などの仕様は控えて保湿をメインにしたシンプルなスキンケアが好ましいです。メラニン生成が活発になりシミができやすい時期でもあるのでUVケアは必ず行いましょう。

 

卵胞期は肌の調子が良いので積極的にピーリングや新商品を試してみる

 

月経が終わって卵胞ホルモンが増えると、肌の調子が良くなります。ですので積極的に新しい化粧品を試してみたり、ピーリングをしてみると良い時期です。今まで気になっていたシミや黒ずみをケアするために美白化粧品などを使ってみるのも良いかもしれませんね。次に来る黄体期に備えてしっかりと肌の調子を整えておきましょう。

 

大人ニキビ次の記事「ニキビの赤みが残ってしまった時の対処法

 

大人ニキビ前の記事「ニキビケアに効果的なピーリング

このエントリーをはてなブックマークに追加