赤く炎症が起こった時の対策・予防法

MENU

ニキビが赤く炎症した時の対策・予防法やケア方法

このエントリーをはてなブックマークに追加  

大人ニキビ

赤く炎症を起こしてしまったニキビ。
すっごく気になるのは分かりますが、まさかそのニキビ、
自己判断で潰したりしていませんよね?

 

そんな事をしてしまってはニキビ跡がクレーター状態で残ってしまうので、絶対にしてはいけません。

 

では、どんな方法が赤ニキビには効果的なのかを教えします。

赤ニキビはとにかく優しく接しましょう

赤く炎症が起こった時の対策・予防法

まず赤ニキビは皮膚の深い部分が炎症を起こして出来るニキビです。
なので、肌表面のニキビを潰すだけでは意味がないどころか、逆効果なのです。

 

とにかく赤ニキビを刺激するのは止めましょう。
髪の毛が触るだけでも刺激になってしまうので、
ヘアスタイルも赤ニキビに触らないように工夫して下さい。

 

美肌には欠かせないスペシャルケアとしておススメのマッサージも、
赤ニキビがある間はおススメしません。

 

赤ニキビがある間は、保湿を徹底して皮膚を柔らかくしてあげて下さい。
そうする事によって、ニキビの芯が排出される事があります。
赤ニキビケアの決め手は、洗顔でも化粧水でも優しくがポイントです。

 

お医者さんで診てもらうのもいいですよ

赤く炎症が起こった時の対策・予防法

赤ニキビが数多くあって、化粧品だけでは手に負えない状態の時は皮膚科へ行って薬を処方してもらうのも一つの手です。
ニキビぐらいで病院へ行くなんて...と躊躇しなくても大丈夫です。
ニキビ跡がクレーター状になる前に、きちんと診断してもらって、適切な治療と薬を処方してもらいましょう。

 

※場合によっては皮膚科ヘ行っても必ず治るというわけではないのでご注意ください!

 

赤ニキビの予防策をお教えします!

赤く炎症が起こった時の対策・予防法

 

白ニキビや黒ニキビから赤ニキビに移行してしまうのは、
どうやら体質も関係しているようです。

 

アレルギー体質や免疫が過剰に反応してしまう人は、
ニキビも赤ニキビへと移行しやすい傾向にあります。

 

また、生活習慣や栄養バランスの乱れもニキビを悪化させる原因の一つです。
また、白ニキビや黒ニキビの段階で薬用クリームを塗るのも、赤ニキビを予防するのに効果的です。

 

赤ニキビは気になるし、無意識のうちに触ったりしてしまいます。
爪を短く切って引っかいてしまう可能性を低くするのも赤ニキビ対策です。
触るとその分治りが遅くなるので、ケアする時以外はなるべく見て見ぬふりをしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加