ズキッと痛む!治らないお尻ニキビの原因と治し方・ケア方法

MENU

ズキッと痛む!治らないお尻ニキビの原因と治し方・ケア方法

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ズキッと痛む!治らないお尻ニキビの原因と治し方・ケア方法

普段自分ではあまり見る機会の少ないお尻。実はここにもニキビが出来るって知っていましたか?
自分では見えないけど、他人には見えている...それだけは避けたいですよね。

 

ではここで、お尻ニキビの原因と対策、そして予防方法をご紹介します。

 

お尻ニキビってホントにできるの?

大人ニキビ

まず根本的な問題で、お尻ニキビってホントにあるんでしょうか?
答えはイエスです!お尻ニキビは実際にあって、結構悩んでいる女性も多いんです。
場所が場所なだけに周りに言えず、一人で悩んでいる人も多いはずです。

 

では、そのお尻ニキビの原因って何でしょう?
お尻は顔ほど皮脂が分泌されるパーツではありません。

 

なので、お尻ニキビの原因はショーツ等による蒸れが要因の一つになります。
特に生理時は蒸れやすくなるので、お尻ニキビが出現しやすくなります。

 

また、お尻は新陳代謝が活発なところではありません。
古い角質がそのままになり毛穴を塞いでしまうので、
一度お尻ニキビができてしまうと中々消えないのです。

 

古い角質がそのままになり、皮膚が分厚くなってしまうことを角質肥厚と呼びます。

 

清潔にしてお尻ニキビ対策しちゃいましょう!

ズキッと痛む!治らないお尻ニキビの原因と治し方・ケア方法

顔や身体に汗をかいていたら、当然お尻にも汗をかいています。
顔のように汗をかいてその都度拭けたらいいのですが、
お尻の場合はそういうわけにはいきません。

 

なので、きちんと身体を洗い湯船に浸かり、
清潔なお尻を心がけましょう。

 

ボディーソープや石鹸などで洗った場合は、
すすぎ残しにも注意しましょう。
ボディーソープ等のぬるっとした感触が無くなれば、すすぎOKのサインです。

 

お尻ニキビは予防もできます!

ズキッと痛む!治らないお尻ニキビの原因と治し方・ケア方法

日頃からお尻専用の保湿ジェルをお風呂上がりに塗って、肌を柔らかくするのもお尻ニキビ予防には効果的です。

 

また、生理用品や下着の素材にも気を付けて、
肌に優しいものを選びましょう。

 

特に生理用品は、吸収力が高いと肌に負担がかかったりするので、自分に合った生理用品を探すのもお尻ニキビ予防になります。

 

お尻ニキビとよく似ているもので粉瘤(皮下に垢や皮脂が入り込んだコブのようなしこり)というものがあります。

 

粉瘤は良性の腫瘍なのでニキビと間違えないようしましょう。
でも、特に炎症を起こしていない限り放っておいても大丈夫です。
もし気になる場合には、皮膚科などを受診するのがよいでしょう。

 

こちらで紹介しているニキビケア用品を使うと、より効果的にお尻ニキビをケアすることが可能です。
ぜひ一度ご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加