気をつけて!思春期ニキビと大人ニキビは原因も対策も180度違います!

MENU

気をつけて!思春期ニキビと大人ニキビは原因も対策も180度違います!

このエントリーをはてなブックマークに追加  

大人ニキビ

思春期ニキビでお肌がぼろぼろに…。
なんてこと、経験がありませんか?

 

思春期ニキビは残念ですができやすい人はどんなにがんばっても出来てしまうものなんです。
私自身も10代の頃はニキビにとても悩まされました。

 

ですが年齢を重ねるごとにニキビができる頻度は減り、
20歳を迎える頃にはほぼできなくなっていました。

 

ここで気になるのが、思春期ニキビと大人ニキビはどう違うの?ということですよね。
大人になるまでニキビなんて無縁だったという人が突然ニキビに悩まされるようになったり、
逆に中学生高校生の時はニキビにずっと悩まされてきたけど大人になってからほぼ無縁になったという人もいます。

 

ここでは大人ニキビと思春期ニキビの違いについてまとめながら、
対策方法についても見ていくことしましょう。

思春期ニキビと大人ニキビの違い

大人ニキビ

思春期ニキビは大人ニキビとは出来る場所、原因などが違います。

 

わかりやすく表にしてまとめましたので、自分のニキビがどちらなのか確認してみてください。

 

  大人ニキビ 思春期ニキビ
肌質 乾燥肌でもオイリー肌でも関係なくできる。10代の頃にニキビに悩まされなかった人ができやすい オイリー肌の人が多い
症状 あごや首あたりにできやすい。一つのサイズが大きく色素沈着しやすい。女性の場合、生理前に悪化する傾向がある。 顔のあらゆる場所にできやすいが、最も多いのはおでこ。小さな白ニキビがたくさんできるケースが多い。
原因 ストレスや睡眠不足などの不規則な生活が影響しているといわれる。女性の場合、男性ホルモンが関係していると言われることがあるが、必ずしもそうではない。 実は遺伝が関係している事が多い。家系的にオイリー肌や赤ら顔の人がいるとなりやすい。また、油分や糖分のとりすぎによって悪化することも。
化粧品との関係 オイリーすぎるものをつけると逆に悪化してしまうが、実際はそれ以外はあまり関連性はない。生活習慣の改善と組み合わせることで大人ニキビをケアしやすくなる。 ファンデーションなどで隠そうと厚塗りなどすると悪化してしまう。髪の毛で隠すと肌を刺激してしまい、逆に悪化する。しっかり洗顔し、オイルカットスキンケアすることで改善しやすい。

 

どうでしょうか?
大人ニキビと思春期ニキビでは意外と違うことがわかるのではないかと思います。

 

大人ニキビの場合は生活習慣が関係している事が多いのですが、
思春期ニキビは遺伝も関係しているので、ゼロにするというのは難しいところがあります。

 

可能な限り増やさないというところがポイントですね。
次の記事では思春期ニキビの予防法について詳しく解説しているので参考にしてみてください。

 

 

 

大人ニキビ思春期ニキビができる前にやるべきニキビ対策・予防」→

このエントリーをはてなブックマークに追加