正しい美容液の手順

MENU

美容液の正しい付け方の手順まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加  

美容液は化粧品の中で最も効果が期待できるアイテム。保湿や美白、アンチエイジングなどの目的に合わせた美容液を使うのが大切なポイント。もったいぶらずに顔全体にしっかりとつけていくのが大切です。指の腹で美容液を肌になじませ、肌の基礎力を上げていきましょう。

 

1.美容液を適量手のひらにとる

美容液の説明書に書いてあるとおりの適量を手に取ります。保湿美容液の場合は、肌の乾燥具合に合わせて量を調節することが可能です。

 

2.手のひらでおさえるようになじませる

美容液を手のひらに広げ、頬やUゾーンに馴染ませていきます。このとき、おさえて包み込むようにするのがポイント。顔の内側から外側へと手のひらを動かしていきます。その次はまぶたの上下、そして唇の周りなどを丁寧になじませます。中指と薬指を使って優しくすべらせていくのがポイントです。

 

3.仕上げに押さえてなじませる

目のまわり、フェイスラインなどを手のひらや指の腹で押さえて馴染ませ、肌に浸透させるようにします。

 

美容液を付けるときにやりがちなNG集

 

美容液の使う量が少なすぎる

美容液は説明書で書かれている量を使うことで初めて効果を実感できるように作られています。そのため、高いからといって使う量をケチってしまっては効果を実感できないまま終わってしまいます。ですから、あまりケチらずタップリと使うよう心がけましょう。

 

顔の一部にしかつけれていない

2種類以上の美容液を使う場合も、顔全体につけるようにしてください。美白用の美容液なら頬の一部だけ、といった使い方をする方がいるようですが、このような美容液は予防として使うものなので部分的に塗っても効果を発揮できません。必ず顔全体に使うようにしましょう。

 

テカりがちな部分に油分の多い美容液をぬってしまう

美容液は顔全体に塗るのが基本中の基本。ですが、肌がオイリーな方は油分の与え過ぎに注意したほうがよいでしょう。特に、Tゾーンに油分がよく出るのにもかかわらず美容液をたっぷりぬってしまうと、毛穴が詰まってニキビの原因となってしまうことも。自分の肌の皮脂の量を見極めて美容液を付けるようにしましょう。

 

2種類以上使うときに順番を考えず適当にぬってしまう

保湿美容液以外にも、美白、アンチエイジングなどの2つ以上の美容液を使う場合、質感(テクスチャー)が水に近いものから油分の多いものへと順番に使います。そうしないと、肌への浸透が損なわれてしまうため。きちんと守ってしっかりと肌に美容成分を浸透させましょう。

 

大人ニキビ次の記事「乳液&クリームの正しい使い方

 

大人ニキビ前の記事「正しい美容液の使い方

このエントリーをはてなブックマークに追加