メイクをした日は必ずクレンジングが必要な理由

MENU

クレンジングしないと肌荒れや毛穴づまり、ニキビの原因に

このエントリーをはてなブックマークに追加  

女性ならほとんどの方がメイク落としのためにクレンジングをしていますよね。でもちょっと待って下さい。あなたは今まで「クレンジングってどうして必要なの?」と考えてみたことはありますか?ここでは、クレンジングについてまとめてみました。ぜひ一度ご自身のクレンジングについて見なおしてみてくださいね。

 

そもそも、どうしてメイクは普通の洗顔料では落ちないのでしょうか。これは、メイク化粧品が油分を用いて作られているものが多いため。油分ですから、汗や少しの雨で濡れただけで落ちることはありませんよね。つまり、洗顔料でメイクを落とそうとしても成分的に落とすことが難しいのです。そのため、クレンジングという過程でメイクを落とす必要があるのです。とくにアイメイクはしっかりとクレンジングをしないと落ちませんよね。メイクをしっかりとの洗い落とせないままにしておくと、汚れが毛穴にたまって、ニキビや肌荒れの原因となります。ですから、しっかりとクレンジングをする必要があるのです。

 

油分の入っていないメイクアップ料であれば、クレンジングがなくても洗顔のみで落とすことも可能と言えます。

 

クレンジングで油分が落ちるのはなぜなのでしょうか。実は、クレンジング料に含まれている成分に理由があります。クレンジング料にはメイクアップ料を浮かせるための油分、そして浮かび上がったメイクアップ料を水と馴染ませ洗い落とすための界面活性剤が含まれています。

 

クレンジングにはローションタイプやクリームタイプなど様々な種類がありますが、これらは基本的に油分と界面活性剤の配分によってタイプが異なっています。界面活性剤が多く含まれているクレンジング料は、メイクを落とす力が強くしっかり落としてくれます。しかし、肌への負担もそれなりに強くなってしまいます。

 

多くの種類があるのでどのタイプが自分に適しているのかわからないかもしれません。ですが、どのタイプにも共通して言えるのは、こすらない、時間を掛けない、ということ。顔の皮膚はとても薄く、ティッシュペーパー一枚分程度の厚さしかありません。目の周りの皮膚は更に薄くできています。そのため、早く落とすためにゴシゴシとこするのは肌への刺激となり、これがシミなどになってしまうこともあるのです。

 

ですから、クレンジングは極力こすらないことがポイントなのです。また、時間を掛けないということですが、これは界面活性剤の影響により必要な肌の潤いまでそぎ落としてしまうことになるため。ですから、アイメイクや口紅などのポイントメイクを落とした後、クレンジング料を顔全体に伸ばして1分以内に終わらせることが望ましいです。より厳密には、30秒〜40秒がよいと言われています。

 

次のページではタイプごとにクレンジング料の特徴をまとめてみましたので、参考にしてみてくださいね。

 

大人ニキビ次の記事「ケース別オススメクレンジングタイプ

 

大人ニキビ前の記事「王道の正しいスキンケア手順

このエントリーをはてなブックマークに追加