ケース別オススメクレンジングタイプ

MENU

自分の肌に合うクレンジング、使えていますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

クレンジングにはジェルやミルク、クリームタイプなど様々な種類があり、それぞれ刺激の強さが違うと前回の記事でお伝えしました。あなたは自分の肌にあうクレンジングを使えているでしょうか?今一度チェックしてみてくださいね。

 

クレンジング料のタイプを選ぶ際の基準になるのが、メイクの濃さです。濃いメイクを使う場合、刺激の強いクレンジングを使うべきです。また、薄いメイクを基本にしている場合は、クレンジング料も弱めのものを使うのがベスト。

濃いメイクに弱いクレンジング料、あるいは、薄いメイクに強いクレンジング料は使わないようにしましょう。洗い残しにより毛穴が詰まってしまったり、刺激が強すぎて必要な潤いまで奪われてしまいます。

 

もちろんメイクの濃さは日によって違うはずなので、複数のクレンジング料を使い分けるのがオススメです。以下でクレンジング料のタイプごとに特徴をまとめておきますので参考にしてみてください。

 

 

刺激 シートタイプ
おすすめシーン:メイクが濃い日、旅行のときなど

 

「油分でメイクアップ料を浮かせるという」過程を省いて、界面活性剤の洗浄力で落とすクレンジング。拭きとるだけでラクな反面、肌への負担、刺激が大きく、拭くときに肌を傷つけやすいのが特徴。頻繁に使うのは避けたほうがよいです。

 

刺激 オイルタイプ
おすすめシーン:メイクが濃い日

 

クレンジング力が高いため、肌への刺激も大きいのが特徴。界面活性剤多めなのでサッとメイクが落ちるができればメイクが濃い日に限定して使いたいところです。使用後は肌の保湿をしっかりと行うのがベスト。肌が敏感な時期に使うのは避けましょう。

 

刺激 ジェルタイプ
おすすめシーン:メイクが濃い日

 

保湿力のあるタイプが増えているものの、界面活性剤は多め。肌への負担はやや大きいので使用後はしっかりと保湿をすることが肝心。馴染むまで時間がかかるので手のひらで温めてから使うとよいです。

 

刺激 クリームタイプ
おすすめシーン:メイクが濃い日、乾燥している日

 

保湿効果が高く、油分が適度に含まれています。ただ、界面活性剤も多めなので、メイクに馴染ませたらさっと落とすのがポイント。クレンジング中にマッサージなどはしないようにしましょう。

 

刺激 ローションタイプ
おすすめシーン:メイクが薄い日

 

オイルフリーでべたつか無いのが特徴。拭きとりタイプが多く、成分にはアルコール、エタノールが含まれているため乾燥しがち。コットンにはしっかりとクレンジング料を含ませて、こすらずに落とすのがポイントです。保湿にも気を配りましょう。

 

刺激 ミルクタイプ
おすすめシーン:メイクが薄い日、肌が敏感な日

 

肌への負担は少ないものの、水分が多いのでメイクを浮かせる力が弱いのが特徴。濃いメイクを落としたいときには不向きです。ポイントメイクを落とした後に使うのに向いています。

 

大人ニキビ次の記事「正しいクレンジングの手順

 

大人ニキビ前の記事「メイクをした日は必ずクレンジングが必要な理由

このエントリーをはてなブックマークに追加