化粧水の正しい付け方

MENU

化粧水の役割ってなんだっけ?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

化粧水は何のためにつけるのか、あなたは正しく理解できているでしょうか。化粧水は肌の潤いを保つもの、と考えている方もいるかもしれません。ですが、実はこの考えは間違っています。化粧水そのものが肌の潤いになるわけではありません。というのも、化粧水の成分の大半が水だからです。そして、水の中に保湿成分はほとんど配合できません。つまり、化粧水=保湿という考えは違うのです。

 

もちろん、コラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分を含んだ化粧水にはある程度の保湿効果があります。しかし、先ほどお伝えしたように化粧水の大半は水でできています。ですから化粧水に過度の期待は禁物。本当に保湿をしたいのであれば化粧水ではなく美容液や乳液、クリームなどで補う必要があります。

 

化粧水では保湿できない、という主張には諸説あり、専門書によっては「保湿効果がある」と書いてあるものもあれば、「ただ清涼感があって気持ちいいから使っているだけ。スキンケアには不可欠ではない」と様々。ただ、本格的な保湿はやはり美容液やクリームなどを使うのがベストといえます。

 

化粧水は手でつけるべき?それともコットン?

 

肝心の化粧水の付け方ですが、コットンよりも手のほうが望ましいです。手で触れながら肌の状態がチェックできますし、手のぬくもりで血行促進の効果も。手につけた化粧水を無駄なく付けられるというのもメリットでしょう。コットンを使って化粧水を抜ける方もいますが、コットンだと力を入れてすべらせると肌を傷つけてしまいます。

 

また、強めにパッティングしてしまうなどの失敗も。上質なコットンを使っても、使い方を間違えてしまえば繊維の刺激により肌を傷つけてしまいます。ですから、手のほうがよいというわけです。

 

手で化粧水をつけると、化粧水を吸ったりムラになるということを考える方がいるようですが、それはありません。例え化粧水を手が吸ったとしてもまた手にとってつければよいだけですし、そもそも水を吸うのであれば普通の水さえも救うことができなくなってしまいますよね。

 

化粧水の基本成分は、水が大半とはじめにお伝えしました。その他の成分としては、アルコール、グリセリンなどの保湿成分、そして香料が主な成分です。そのた、ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミド、などの保湿成分が入っているものもありますが、これらは美容液などで補うほうが効果的です。オススメなのは、ビタミンC誘導体の含まれている化粧水。

 

ビタミンC誘導体は抗酸化、美白、毛穴引き締め効果など美肌には欠かせない効果がたっぷり。実はビタミンC誘導体は化粧水と非常に相性がよく、クリームなどよりも水に配合したほうが安定性が高まる成分なのです。ですから、せっかく使う化粧水ですし、気休めではなく美肌効果も実感したいのであればビタミンC誘導体の含まれているものを選ぶのがポイントといえるでしょう。

 

大人ニキビ次の記事「正しい化粧水の手順

 

大人ニキビ前の記事「正しい洗顔の手順

このエントリーをはてなブックマークに追加