乳液&クリームの正しい使い方

MENU

乳液&クリームの正しい使い方を改めて確認しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加  

あなたは乳液を使う目的をきちんと理解できているでしょうか。20代〜30代の皮脂分泌の盛んなうちは、正しく保湿ができていれば油分は必要ありません。しかし、40代以降は水分だけでなく油分も不足しがち。そのため、美容液を全体につけたあとに、乾燥しやすい目元、口元に乳液やクリームを付けることで油分を補うことができます。適度に油分を補うことで、肌は柔らかく滑らかになります。目元、口元は動きが激しい部分なので、特に乳液などでのケアが有効となります。

 

乳液とクリームの選び方

 

乳液は、できればセラミドなどの保湿成分が含まれているものがおすすめ。それ以外にも肌のトーンを明るく見せるもの、UVカット乳液など様々。用途に合わせて選ぶのがよいでしょう。また、乳液の質感も色々あり、ベタつきが苦手な方はサラサラ感のある乳液を選ぶと良いですね。

 

ところで、乳液とクリームは両方使わなければならないと思っていませんか?実は、わざわざ乳液とクリームの両方を使う必要はありません。なぜなら、乳液とクリームの違いは、含まれている水分と油分の量が違うだけだからです。油分多めでかなりとろみがあるのがクリーム、クリームに比べるととろみが少ないのが乳液です。目元、口元などのポイント使いをするならクリームのほうが油分多めでオススメです。

 

クリームの選び方ですが、油分を肌に補うことが目的なのであれば、効果なクリームを使う必要はありません。敏感肌向けのシンプルなもので十分。これらは安価で購入できるので探してみるとよいでしょう。また、油分補給以外にもシワ、シミなどのアンチエイジング効果を狙ったクリームもあります。これらも極端に高いものでなく5000円から1万円で購入できるもので十分ケアすることが可能です。

 

シワに効く成分・・・レチノール
シミに効く成分・・・油溶性甘草エキス

 

大人ニキビ次の記事「乳液&クリームの正しい手順

 

大人ニキビ前の記事「正しい美容液の手順

このエントリーをはてなブックマークに追加