改めて確認!正しい洗顔方法とは

MENU

洗顔の目的ってなんだっけ?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

洗顔の目的は、ホコリや汚れ、汗、余分な皮脂を落とすことにあります。特に、皮脂を落とすことは洗顔で一番大切なポイント。一日2回、しっかりと洗顔することでその後のスキンケアが変わってくると入っても過言ではありません。

 

洗顔をしないまま過ごしていると、ニキビや毛穴の黒ずみなどの肌トラブルに繋がりやすくなります。そして、残った皮脂や汚れが化粧水、美容液の浸透を妨げてしまいます。また、古い皮脂がそのままになっていると、酸化し過酸化脂質に変化します。この過酸化脂質は肌のシミやシワの原因になるやっかいなもの。ですので、皮脂をしっかりと洗い落としたほうが肌にとって良いのです。

 

クレンジングは弱めに、そして洗顔は強め(しっかり)に行うのがとても大切。洗顔はこすらなければ肌を傷つけることはありません。しっかりと皮脂やホコリなどの汚れを落としきるくらいの気持ちで行うとよいでしょう。W洗顔可能なクレンジング料を使わない場合、クレンジングと洗顔を分けて行うことも、覚えておくといいですね。

 

おさえておきたい洗顔のポイント

 

洗顔をするときに大事なのは、しっかりと汚れを落としてくれる洗顔料を選ぶということ。次の記事で紹介しますが、洗顔料にも様々なタイプが有り、固形石鹸、やジェルタイプ、フォームタイプなど豊富な種類があります。

 

一番良いのは自分の肌にあっているモノを使うことです。これは実際に自分で試してみないことにはわかりません。試してみて赤みが出たりする場合は、肌に合っていないので別の洗顔料を使うのがよいでしょう。洗浄力の強いものは、肌がつっぱったり乾燥してしまうこともあるので、洗顔後の保湿も気をつけておきたいところ。

 

最近は洗顔のみだけでなく、保湿や美白成分がプラスされた洗顔料も販売されていますね。しかし、結局これらの成分はすすぎをするときに流れてしまいます。ですから洗顔料はあくまで汚れを洗い流すためのものとして考え、保湿や美白は洗顔の時にはいちいち考えない方が気が楽です。

 

また、潤い成分などが含まれているものもイマイチと言わざるを得ません。というのも、潤い成分が肌に膜を貼ってしまい、のちにつける化粧水や美容液の成分を浸透しにくくしてしまうからです。結局のところ、シンプルに汚れが落ちる洗顔料を使うのがベストといえますね。

 

大人ニキビ次の記事「洗顔料の選び方と肌質別オススメ洗顔料タイプ

 

大人ニキビ前の記事「ポイントメイク落としのコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加