正しい洗顔の手順

MENU

正しい洗顔の手順まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加  

クレンジングにも手順がありましたが、洗顔にもできれば守ったほうがよい手順があります。もちろんこの限りではありませんし、この方法でなくても洗顔はできます。ただ、皮脂の多い部分から順番に洗うことで、より効果的に顔全体の汚れを落とすことが可能に。また、正しい洗顔のやり方を知らないと、知らず知らずのうちに肌を傷つけてしまっている場合も。正しい洗顔テクニックを身につけて、美肌へとつなげていきたいですね。

 

 

1.ぬるま湯で顔をぬらす

まずは手を洗って、顔をぬるま湯で素洗い。温度は大体30度あたりが理想です。

 

2.洗顔料をよく泡立てる

洗顔料を適量、または石鹸を手のひらにとり、水を少しずつ加えながら泡立てていきます。空気を含ませるように泡立てるとキメ細かい泡が作れます。このとき、泡立てが苦手という方は泡立てネットを使うのがベター。泡の量は手のひらに乗るくらいの大きさで良いでしょう。作りすぎても勿体無いので、適量作るようにします。

 

3.皮脂の多いTゾーンから泡をつけていく

洗顔料を泡立てれたら、まずは皮脂分泌の多いおでこや鼻といったTゾーンに泡を乗せます。そのままくるくると円を描くように手(指の腹)を動かし汚れと馴染ませていきます。

 

4.Tゾーンの次はUゾーンに泡を付ける

Tゾーンの次は、口元やあごなどのUゾーン、そして目元など皮脂の少ない部分に泡を載せていきます。こちらも泡を転がすように汚れと馴染ませていきます。目元口元は皮膚が薄い部分なので、優しく撫でるように馴染ませましょう。

 

5.ぬるま湯でしっかりとすすぐ

素洗いと同じで、30度くらいのぬるま湯で丁寧に洗い流していきます。手のひらで擦らないように気をつけつつ洗い流しましょう。このとき、フェイスラインや髪の生え際に泡が残らないよう注意。

 

6.清潔なタオルで水気をふく

タオルを軽くはだに押し付けるようにして水気をとります。ゴシゴシとこすってしまわないように注意!

 

 

やってはダメ!洗顔するときのNGポイント

 

泡立てきれていない洗顔料をつけてしまう

洗顔料をしっかり泡立てていない場合、汚れが十分に落ちません。それに、洗顔料の濃度が濃すぎて肌の負担となったり、肌を擦ってしまう原因になることも。ですから、水を含ませてしっかりと泡立てることが大事です。

 

汚れを落としたいがためにゴシゴシこすってしまう

短い時間でしっかりと汚れを落としたいという気持ちはわかります。ですが、勢い余ってゴシゴシと肌を擦っていませんか?こすると肌の角質を痛める原因に。こすって落とすのではなく、泡で落とすことを覚えておきましょう。

 

急いでいるため、すすぎが足りない

忙しくても、すすぎはできるだけ丁寧に行いましょう。生え際やあごのしたに残った洗顔料が、肌を刺激してしまってニキビができてしまうことも。

 

時間をかけすぎてしまう

洗顔はクレンジングよりも時間を掛けてもよいのですが、時間のかけ過ぎはNG。クレンジングに限らず、洗顔も長時間すると肌への負担になります。洗顔時間の目安は1分程度です。

 

毛穴を引き締めたくて冷水ですすいでしまう

冷水で毛穴を引き締めたほうがいい、と思っている方は多いようです。冷水を使って毛穴が一時的に引き締まったような感じは確かにあるものの、実は30分程度しか持ちません。毛細血管が収縮してそのようにみえるだけです。その上、急激な温度変化に肌は敏感ですから、肌荒れの原因にもなってしまいます。必ずぬるま湯ですすぐよう心がけましょう。

 

 

大人ニキビ次の記事「化粧水の正しい付け方

 

大人ニキビ前の記事「洗顔料の選び方と肌質別オススメ洗顔料タイプ

このエントリーをはてなブックマークに追加