美容部員時代に相談の多かった肌トラブルはこれでした

MENU

美容部員時代に相談の多かった肌トラブルはこれでした

このエントリーをはてなブックマークに追加  

大人ニキビ

私事ですが、以前は化粧品会社で
美容部員をしておりました。そんな中で相談の多かった肌トラブルは、年代によっても違ってきます。

 

まず、肌のお悩みがある場合には肌診断のカウンセリングをさせてもらいます。

 

チェック項目は多岐に渡っていて、日頃のスキンケア方法から生活習慣等もお聞きして、総合的にお客様の肌トラブルの原因は何なのかを判断します。

 

そして、どんな肌トラブルを優先してケアしなければいけないかを
お客様とお話しながら決めていきます。

10代〜20代前半は化粧崩れや肌のテカリの相談が多い

大人ニキビ

10代〜20代前半は、化粧崩れやテカりが気になる方が圧倒的に多いです。化粧をして少し時間が経つと、すぐにテカり出して化粧崩れしてしまう...。

 

でも、カウンセリングをしていくと
日頃のスキンケア方法等が間違っていたりするので、
まずはそこからアドバイスさせて頂きます。

 

例えば、洗顔は丁寧にするとか、
テカっている部分にもきちんと化粧水をするとかを伝えていきます。

 

それでも、テカる場合には毛穴引き締め効果の高い
収れん化粧水をご紹介したり、あぶら取り紙を一日に何度もする人には、
それをティッシュに替えるようにアドバイスしたりします。

 

収れん化粧水については詳しくはこちらのページをご覧ください。

20代後半以降は乾燥や大人ニキビ、エイジングケアの相談が多い

大人ニキビ

20代後半以降の方は、徐々に乾燥や大人ニキビ等のエイジングケアに関する相談が多かったです。

 

私が勤務していた化粧品会社は、エイジングケアに定評のあるピテラを使った化粧品を扱っている会社でした。

 

ピテラ化粧品以外も取り扱っていましたが、
メインがエイジングケアに特化した化粧品なので、
どちらかと言うと30代後半以降のお客様が多かったです。

 

もちろん、自分も使っていて
好きなピテラ化粧品だったのでアドバイスにも熱が入ります。

 

エイジングケアが必要な年代の方は、
ある程度自分の中で化粧品に対するこだわりがあります。

 

なので、その辺もお話を聞きながら決して否定をせずに、
アドバイスをさせて頂くようにしていました。

 

化粧品コーナーって、行くと化粧品を押し売りされるんじゃないの?
と思っている方もまだまだいるかもしれません。

 

でも、そんな事は決してないので、
気軽に声をかけて自分の肌の悩みを相談してみて下さいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加