紫外線がもたらす病気・症状

MENU

紫外線がもたらす症状や病気とは

このエントリーをはてなブックマークに追加  

紫外線を大量に浴び続けると、単なる日焼けだけでは済まされません。皮膚がんは数年前に話題となりましたよね。紫外線を大量に浴びると皮膚がんになるリスクが高まります。皮膚がんがどうして出来てしまうのかというと、紫外線で細胞内の核(遺伝子)が傷つけられてしまうから。

 

体内には遺伝子修復機能がありますが、長期にわたって紫外線を浴び続けると、遺伝子修復機能が上手く働かなくなってしまいます。壊れたままの細胞がそのまま細胞分裂を繰り返すことで、異常な細胞が増えてしまいます。これが皮膚がんの原因なのです。若い方はビーチなどに遊びに行くことが多いと思いますが、皮膚がんを防ぐためにも必ず紫外線予防をしておきましょう。

 

皮膚がん以外にも、紫外線を浴び続けると様々な症状が出てくるようになります。以下でまとめているので、ぜひチェックしてみてください。

 

紫外線によるトラブル一例

 

光老化

紫外線によってシミやシワ、たるみの原因になってしまうことも。ターンオーバーが正常に行われなくなり、くすみ、肌のキメの荒れなどによって老けた印象になってしまいます。

 

日焼け

日焼けで皮膚が赤くなり、ヒリヒリと痛みます。重度の場合、水疱ができてしまうことも(やけどと同じ状態に)。いわゆるサンバーンの状態で、この状態を何度も繰り返すと皮膚がんの原因になります。

 

目の病気

紫外線を続けて浴び続けると白内障や黄斑変性症(おうはんへんせいしょう)などの原因となります。また、目に紫外線が入るとシミの原因になるとも言われています。これは、紫外線が目に入ると、脳に「紫外線が入ってきたぞ」という情報が伝えられ、全身に「メラニン色素を作れ」という指令が出るためだそうです。もちろん生物としてこの反応は身を守るために必要不可欠。

 

しかし、美容の観点からいうと困りますよね。紫外線でシミを増やさない、あるいは白内障などの予防のためにもサングラスを毎日する習慣をつけるとよいでしょう。サングラスは色が濃いものである必要はありません。

 

また、サングラスをつけるのはちょっと・・・という方におすすめしたいのが、PCメガネです。PCメガネは主に目の疲れの原因となるブルーライトをカットするために使われるものです。そして注目したいのが、実はPCメガネはブルーライトだけでなく紫外線もカットできるというところ。

 

メーカーによっては99.9%カットできると謳っているところも。もちろん、度なしのPCメガネでも問題なく紫外線カットが可能です。サングラスをするのは恥ずかしいな、と感じている方は度なしPCメガネを使ってみるといいですね。

 

大人ニキビ次の記事「日焼け止めを正しく塗る手順

 

大人ニキビ前の記事「日焼け止めを効果的に使うには

このエントリーをはてなブックマークに追加