UVケアはどうして必要?

MENU

UVケアを怠っていると肌はどんどん老化してしまう!

このエントリーをはてなブックマークに追加  

あなたは紫外線対策をしっかりと行っているでしょうか。紫外線から肌を守るために必要なUVケア。ここでは、どうしてUVケアが必要なのかについて解説していきます。UV、UVと言っていますが、UVとは「ウルトラ ヴァイオレット レイ」の略で「紫外線」をそのまま英訳した単語。紫外線は美肌の大敵とわかっていながら、UVケアを怠って日焼けしてしまったり、忙しくて忘れてしまったりする人もいますよね。ですが、紫外線の怖さを知ったら今後はUVケアせずにはいられなくなるはずです。
UVケアが必須の理由は、肌の老化を早めてしまうことにあります。肌は紫外線から肌を守ろうとしてメラニン色素を作ります。メラニン色素が紫外線を吸収し、表皮細胞や細胞核を守っているのです。このメラニン色素はターンオーバーによって剥がれ落ち、肌の色は元に戻ります。しかしターンオーバーが上手く行かなかった場合や、紫外線を浴び続けていると、黒い部分が肌に残ってしまいます。これがシミの原因。それ以外にも、紫外線が真皮に達して、弾力を保ってくれているコラーゲンを傷つけることによってシワやたるみの原因になることもあるのです。

 

紫外線には波長の長さでA波、B波、C波の3つに分かれます。このうちA波が真皮に達し、コラーゲンを破壊シワ、たるみを引き起こすのです。

 

紫外線はそれ以外にもまだ皮膚に被害をもたらします。皮膚をかたくしたり、くすみや肌荒れなどの肌の老化を促進してしまうのです。この紫外線による老化現象を「光老化」と呼びます。私たちの皮膚は着実に老化していきますが、若い頃から紫外線を防止している人としていない人とでは、5年後、10年後で大きく肌の潤いや若さに違いが出てきてしまうのですね。肌の老化は気づきにくいものですし、紫外線自体も見えないものですから、油断してしまいがち。ですが、肌のダメージは日々蓄積されていて、突如肌の異変として現れてくるのです。そのため、毎日のUVケアは欠かせないのです。

 

紫外線A波、B波、C波それぞれの肌への影響

 

紫外線A波、B波、C波それぞれが肌へ与える影響はどのようなものなのでしょうか。以下にまとめてみましたので確認してみてください。

 

A波が肌に与える影響

日を浴びた後赤くならずに黒くなることってありますよね。これは主にA波が影響した日焼けです。浴び続けていると黒さがまし、真っ黒になってしまい、シミの原因になる場合も。色素沈着される時間は、およそ2時間〜4時間後といわれているようです。

 

紫外線全体の約95%を占めているのがこのA波です。真皮に達してコラーゲン、エラスチンを破壊し、シワ、たるみの原因に。それ以外にも皮膚がんを引き起こすことも。雲や窓ガラスを透過して屋内にも入ってくるということを頭に入れておきましょう。

 

B波が肌に与える影響

日に浴びた後、赤く腫れたり、水ぶくれのようになったりすることがあります。この状態を「サンバーン」と呼びます。その後おおよそ4日〜7日間程度で赤みが引いて皮膚が黒くなります。この状態を「サンタン」と呼び、この2段階を経て皮膚が黒くなる日焼けがB波の影響と言われています。

 

紫外線全体の約5%を占めていて、日焼けの後に一旦肌を赤くし、その後黒くします。B波もシミ、皮膚がんを引き起こす原因に。B波は雲や窓ガラスによってある程度遮断されます。

 

C波が肌に与える影響

C波は皮膚に当たればやけどしてしまう程の強力な光線。ですが、実はC波のほとんどはオゾン層で吸収されてしまうため、地上には届かないと言われています。ですのでそれほど気にする必要はなく、専門書などでもA波、B波だけしか紹介されていない場合も。最近ではオゾン層が薄くなったことにより、C波が地上に届くようになるのでは、と懸念されているようです。

 

大人ニキビ次の記事「A波を防ぐPA、B波を防ぐSPFとは

このエントリーをはてなブックマークに追加